ニュース

概況

 

  三秦大地は中華民族の生活と成長、華夏文明の生誕と発展に重要な地区の一つである。中国歴史上では最も輝いた周時代、秦時代、唐時代等の十三王朝が嘗てそこで都を定めた。その豊かな文化遺産、深い文化雰囲気が陝西省の独特な歴史文化に形成されていったのだ。「古都明珠、華夏宝庫」と誉められる陝西歴史博物館はその歴史文化と古代中国文明を展示する芸術殿堂である。

  陝西歴史博物館は西安大雁塔の西北側に位置し、1983年に成立され、1991年6月20に開館された中国で一番目の大型現代国家等級の博物館である。同館の立上げは中国博物館事業が新たな発展に進入したことを示した。その館は「 真中は殿堂、四隅は崇楼」の唐風建築群で、主と次が秩序整然、高と低もまちまちだが、綺麗に並んでいる。それの気勢が荘重で素晴らしいし、そこで民族の伝統、地方の特色と時代の精神が一体に融合されている。同博物館は敷地面積6万5000平方メートル、建築面積55600平方メートル、文物庫面積8000平方メートル、展覧庁面積11000平方メートルである。同館は、人間社会の初期段階の古代人が使った簡単石器から、1840年前の各種類の器物まで百万年間余りにわたる文物を37000余り蔵している。所蔵品は数多く、種類完全だけでなく、しかも品位、価値が高い。その中、商周時代の青銅器が精美絶倫、各時代の陶製人形が姿様々、漢唐時代の金器と銀器が全国独歩、唐時代の墓壁画が天下無双である。素晴らしい物が数多くて、逸品が揃うといえる。

  総合性を持つ歴史類の博物館として、陝西歴史博物館は、開館して以来、文物所蔵品の優勢を充分で生かし、「有効な保護、合理な活用、管理の強化」という原則を堅持し、収蔵、保管、科学的な研究と宣伝教育の機能を有機的に結びつけるもとに、いろいろな展覧を行って、基本陳列、専門陳列と臨時展覧などが互いに補充できる陳列システムを形成し、多角度からお客様に歴史文物の豊かな文化内容を掲示し、中華民族の広くて深い文明成果を現れる。同時に、開放の姿で中国を出て、輝かしい陝西文化をはじめとする中華文明を世界各国の人民に呈する。

  第一期の中国「4A」ランクの観光地を確定された陝西歴史博物館は、上品な陳列、優しい環境、優れたサービス、良好な秩序と独特な魅力で、国内と海外のお客様に注目され、中華民族の素晴らしい文化の宣伝と対外文化の交流の窓口になっておる。21世紀、陝西省文物の精華を集める文化殿堂として、陝西博物館は、生気と活力があふれる新しい姿で、人類の物質文明と精神文明の建設のために、より一層大きな貢献を行ってゆく。

コレクション

交通案内

利用案内